ミネラルを効果的に摂取しよう!冬の肌荒れ対策のポイント

icoiのおすすめ

12月に入り、本格的に肌の乾燥が気になる季節になってきましたね。

冬になると保湿力の高い化粧品に買い替えたり、ちょっと高い美容液を使って見たり、ついつい外側からのスキンケアにお金を掛けがちに…

この時期に特に気になる肌トラブルと言えば、やはり”乾燥肌”ですよね。

実はこの乾燥肌、多くの方が遺伝によるものだと考えているかもしれませんが、遺伝による体質への影響はたったの10%以下。

実は、その90%以上は毎日の食生活や睡眠時間、運動量などの生活習慣が影響していると考えられます。

一般的に、肌の”ターンオーバー(新陳代謝)”は28日周期と言われていますが、このお肌の代謝が正常に行われるためには、毎日の栄養バランスの整った食生活と十分な睡眠が不可欠。

乱れた食生活と睡眠不足の日々を過ごしている場合は、肌代謝が乱れ、”乾燥肌”などの肌トラブルの原因となってしまう可能性があります。

肌代謝に必要な栄養素を適切に摂取することによって、皮膚の表面にある古い細胞が剥がれ落ち、新しい肌へと生まれ変わる”ターンオーバー”を促進することができるのです。

今回は、内側からの乾燥肌対策について、栄養という観点からお話ししていきます。

肌の健康に不可欠な栄養素とは?

美しい健康的な肌を保つために必要な栄養素はひとつではありません。

栄養というものは常にいくつかの栄養素で構成される”チーム”で働き、その栄養素の中でたった1つでも欠乏しているものがあった場合は、本来の働きが出来なくなってしまいます。

肌にはビタミンCが重要という話を聞いたことがある方は多いと思いますが、実はビタミンCだけでは十分な効果を発揮することはできません。

中でも、ミネラルの存在はとても大きく、いくら多くのビタミンや酵素・食物繊維などの栄養素を摂取しても、ミネラルが不足していれば何も働くことができません。

健康的な肌を保つために重要なミネラルは複数存在しますが、乾燥肌の方に特におすすめしたいのが亜鉛です。

亜鉛は、全体の20%が肌に存在します。

<亜鉛の働き>
・肌の発疹やかぶれなどの炎症を抑制
・肌の粘膜を構成するために不可欠なビタミンAの働きを助ける
・コラーゲンの生成にも関与している

亜鉛は、肌の老化を促進する活性酸素から肌を守るために必要な栄養素であるため、乾燥によって外側からのダメージが多いこの季節は是非積極的に摂取していただきたい栄養素の一つです。

また、コラーゲンの生成には充分なタンパク質が不可欠になりますので、肉・魚・卵・豆類などは毎食必ず摂取するように心掛けましょう。

脂抜きダイエットが乾燥肌を促進させる!?

亜鉛やタンパク質の他に是非知って頂きたいのが、健康な肌を保つためには“脂質”が必要であるという事です。

カロリー計算のダイエットをした場合、必然的に脂質を抜くことになるため、乾燥肌を悪化させてしまいます。

摂取方法としては、良質なココナッツオイルやオリーブオイル、ごま油などを、出来るだけ加熱せずに“生”で摂ることをおすすめしております。

※揚げ物やスナック菓子・ファーストフードなどで使用されている揚げ油は決して良い影響はありませんのでおすすめできません。

また、必須脂肪酸と呼ばれるオメガ3・オメガ6脂肪酸が欠乏することによって、肌が乾燥したり薄くなることが考えられます。

オメガ3は魚油のEPA・DHA・亜麻仁油など、
オメガ6はごま油や月見草油・紅花油などの植物油に含まれています。

この2つはとても酸化しやすいので、加熱することはあまりお勧めできません。

魚油はお刺身から、亜麻仁油はサラダのドレッシングに使ったり、スムージーに混ぜるなどして加熱せずに摂取することをおすすめします。

また、オメガ6は植物油に多く含まれますが、加熱用に販売されている安価なサラダオイルなどは長期保存が出来るように既に高温処理されて栄養素も破壊されているため、良質な油とは言えません。

オメガ6も出来るだけ良質なものを選び、生で摂ることをおすすめします。

Writting

一般社団法人健康指導師会 副理事長
NPOがんコントロール協会理事
橋谷圭伊子

about>

 

関連記事一覧