【抗酸化物質】で、からだの中から日焼けケア

いこらぼ
少しづつ夏の暑さも和らいできた今日この頃
まだまだ暑い日も続きそうなので、引き続き暑さ対策が必要そうですね。
 
さて、夏といえば、やっぱり気になるのが【日焼け】
 
日焼けをそのまま放置すると、シミ・しわなどの肌トラブルの原因になってしまったり…。
この肌トラブルはできる限り避け、いつまでも若々しいお肌を保っていきたいところです。
 
とはいうものの、完全に日焼けを防ぐのって、なかなか難しいですよね。
 
日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり…
外側からの日焼け対策ももちろん大事ですが、重要なのは、からだの【内側からの対策】
 
今回は、食事と栄養面といった、内側からの日焼け対策について、お話ししていきます。
 

内側から肌を守る【抗酸化物質】

抗酸化物質って?

日焼けによるシミやしわ・たるみの原因となっているのが、
紫外線を浴びたときに体内に発生する【活性酸素】

活性酸素とは、”酸化力の強い酸素”のこと。

体内で大量に発生すると、健康な細胞を攻撃するため、
病気や老化の原因になると言われています。

この、活性酸素の攻撃から細胞を守ってくれるのが、【抗酸化物質】です。

抗酸化物質は、健康な細胞が活性酸素の攻撃を受ける前に身代わりになってくれるんです。

子供たちがいくら日焼けしてもシミやそばかすができない理由は、
実はこの抗酸化物質を体内に蓄えているから。
この栄養素の蓄えのおかげで、子供たちは夏に真っ黒に日焼けしても冬には元通りの白いお肌に戻ることができるんです。

しかし、抗酸化物質は年齢と共に減少するため、食べ物から積極的に摂取する必要があります。

老化を防ぐ抗酸化物質は日頃からしっかりと摂っていきたいところですが、特にこの夏の時期は暑さによって体に多くのストレスが掛かってきます。

ストレスは活性酸素の発生につながりますので、意識的に抗酸化物質を摂取していきましょう。

抗酸化物質の取り入れ方

それでは、抗酸化物質を効果的に取り入れるにはどうしたらいいのでしょうか?

<抗酸化物質の取り入れ方>
1.野菜を皮ごと食べる(無農薬のもの)
2.食品添加物を避ける(ph調整剤、膨張剤、乳化剤など)
3.精製された炭水化物を避ける(白砂糖、小麦粉、白米)

野菜を皮ごと食べる

実は、野菜の皮をむいて食べることはとても勿体ない事なんです!

無農薬の野菜であることが前提条件となりますが、
野菜の皮の部分には多くの抗酸化物質やビタミン・ミネラルが含まれています。

無農薬の野菜を皮ごと食べることは、
日常的に手軽に抗酸化物質を摂取する方法として大変おすすめです。

食品添加物を避ける

多くの食品であふれている今の時代は、抗酸化物質を消耗しない為の食生活をすることも重要。

抗酸化物質をはじめとするビタミン・ミネラルなどの必須栄養素は、
食品添加物を摂取することにより消耗してしまいます。

添加物が多ければ多いほど、
「不自然な物質を処理しなければならない」ため、体に大きな負担がかかります。

体にストレスがかかると活性酸素が大量に発生し、老化や病気の原因となってしまうのです。

精製された炭水化物を避ける

食品添加物と同様に、白砂糖や白米などの精製された炭水化物も活性酸素を発生させ、
必須栄養素を消費させてしまう食品です。

白砂糖・小麦粉・白米などを摂取するときは、必ず野菜やタンパク質を一緒に摂るようにしましょう!

内側からの日焼け対策で、紫外線に負けないお肌に!

今年の夏は、ぜひ【抗酸化物質】を効果的に摂取して、
内側からの日焼け対策を実践してみてくださいね。

関連記事一覧