夏休み、どこに行く?icoiおすすめレジャースポット

icoiのおすすめ

こんにちは、icoiです。

長かった梅雨も明け、ついに夏の本番がスタート。

今年の夏休みはどこに行こうかな…
なんて考えるだけで、なんだかワクワクしてきませんか☆

今回は、そんな夏のお出かけの候補にぜひ入れていただきたい、
icoiおすすめレジャースポットをご紹介いたします!

<icoiおすすめレジャースポット>
1.あの妖精と会える街
2.夏と言えば、やっぱり河原でBBQ!
3.関東の理想郷で、非日常体験

あの妖精と会える街

ムーミンバレーパーク
西武池袋線 飯能駅よりバスで13分

ムーミンバレーパークは、
”ムーミン一家とその仲間たち、そして新しい発見との出会い”
をコンセプトに2019年3月、埼玉県飯能市の商業施設”メッツァビレッジ”内にOPENしたテーマパーク。
 
パーク内は4つのエリアで構成されており、ムーミンの世界観を存分に楽しむことができます。
お子様に人気のアスレチックやアトラクション以外にも、ムーミン気分満載のカフェやショップでほっこりと。
また、お隣の北欧をテーマにした複合施設”メッツァビレッジ”では、北欧雑貨やレストラン、夏季期間限定のプラネタリウムまであり、ご家族、お友達、カップルと十分に楽しめるようになっています。

POUKAMA はじまりの入り江エリア

POUKAMA(ポウカマ)は物語の「はじまりの入り江」。
ムーミンの物語が描かれた“本”のゲートをくぐりぬけ、この先に待つムーミンの物語の世界に期待を膨らませながらムーミン谷へ向かいましょう。こちらのエリアには、さまざまなパンケーキメニューを楽しめるレストランや、ムーミン好きにはたまらないグッズを取りそろえたショップが。

MUUMILAAKSO ムーミン谷エリア

MUUMILAAKSO(ムーミラークソ)「ムーミン谷エリア」は、ムーミンバレーパークのメインエリア。ライブエンターテイメントの「エンマの劇場」、図面を参考に忠実に再現した「ムーミン屋敷」、冒険を体感できる「海のオーケストラ号」など、さまざまな体験ができます。

KOKEMUS コケムス(体験エリア)

KOKEMUS(コケムス)はフィンランド語で「体験」を意味する、地上3階建ての展示施設。インタラクティブな体感展示スペース、常設展や企画展、物語にちなんだものづくりワークショップも体験できます。また、北欧の輸入ムーミン雑貨を集めたセレクトショップやカフェも併設されています。

YKSINÄISET VUORET おさびし山エリア

 
YKSINÄISET VUORET(ユクシナイセットブオレット)「おさびし山エリア」は、冒険と思索の山。子どもたちが自然の中で元気いっぱい遊ぶことのできるアスレチックやツリーハウス「ヘムレンさんの遊園地」や「飛行おにのジップラインアドベンチャー」など、たくさん体を動して遊べるエリアです。
 
 
以上4つのエリアからなるムーミンバレーパーク。
パークで存分にムーミン気分を味わったら、お隣のメッツァビレッジでショッピングなど、めいっぱい北欧気分を満喫してみるのも楽しいですね☆
 
※パーク内のアトラクションは一部有料のものがございます。ご注意ください。

夏と言えば、やっぱり河原でBBQ!

秋川渓谷 荷田子(にたご)
武蔵五日市駅よりバスで17分

東京から近いBBQスポットといえば、秋川渓谷が有名ですが、夏休みの時期ともなると、混んでいて目一杯楽しめないのが玉に傷だったり…

そんな中、おすすめの穴場BBQスポットのご紹介です。

秋川渓谷は上流に行けば行くほど美しさを増すと言われていますが、荷田子(にたご)は、最上流に位置し、子供も安心な浅瀬に大人も楽しめる景色と、大自然を楽しめる穴場スポットです。

泳ぐのにちょうど良い深さの浅瀬があり、比較的流れも穏やかなのでお子さんんも安心して川遊びできそうです♪

※川遊びの際は浮き武具などを利用しお子様から目を離さないよう十分ご注意ください。

一般的なバーベキュー施設はなく、場所取り等は必要ですが、トイレ、更衣室、洗い場、ゴミ捨て、機材レンタル、食材の用意(要予約)などはケータリング会社のサービスを利用することができるそうです。

※あくまで一般河川ですので、ご利用後の片づけ、お掃除など環境保護に十分ご注意ください。

また、荷田子から車で約3分の距離に厳選かけ流しの温泉施設”瀬音の湯”もありますので、
BBQの後は、露天風呂でほっと一息…といった贅沢プランもおすすめです♪

 

関東唯一の理想郷で、非日常体験

千葉県勝浦市 鵜原理想郷
JR鵜原駅より徒歩5分

千葉県の勝浦市に理想郷があるのをご存知でしょうか?
その名も鵜原理想郷。

与謝野晶子や三島由紀夫の作品にも登場するなど、文豪に愛された景勝地としても有名です。

鵜原海岸の景観は「日本の渚百選」に選ばれ、さらに水質調査では最高ランクのAAを獲得し、「関東の沖縄」と呼ぶ人もいるほどの透明度を誇る綺麗な海なんです。

遠浅で波も穏やかなので、お子様やあまり泳ぎが得意でない方でも安心して海水浴を楽しむことができます。

また、鵜原理想郷では、
深い入江を覆うように木々や海岸性の植物が、紺碧の海に突き出た岬の先端まで茂り合っており、1周2,300mの『鵜原理想郷ハイキングコース』で、複雑な自然造形を楽しむ事ができます。

ハイキングコースには、与謝野晶子の歌の一節などから命名されている名称ポイントなどもあり、見どころがたくさん。

早く歩いて40分、ゆっくり歩いて1時間半ほどのコースです。
散策で軽く汗をかいた後に鵜原海岸でのんびり海水浴…なんて1日も良いかもしれませんね。

さあ、今年の夏はどこに行く?

夏のレジャーって、行先をどうするか、結構悩みますよね。
是非今回上げたオススメレジャースポットの一例が、そんなお悩みの一助になれれば幸いです!

まだまだ続くレジャーシーズン。存分にお楽しみくださいね♪

関連記事一覧