未来の地球を思いやる【6/5 世界環境デー】

icoiのおすすめ

あっという間に緑が眩しい季節になりました。
公園の芝生、並木道の木々、庭の植木…
日常の中に “当たり前” のように色づいて季節の変化を知らせてくれる緑たち。

しかしその存在は、未来の地球においては“当たり前”ではないのかもしれません。

未来の地球、未来の家族が過ごすこの場所について、今の私たちができることを考えてみませんか?

未来の地球に目を向けよう!
【世界環境デー】

6月5日はなんの日かご存知ですか?
地球の環境に想いを馳せる日として、世界では【世界環境デー】、日本では【環境の日】とされています。

6月5日は環境の日です。
これは、1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。
国連では、日本の提案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めており、日本では「環境基本法」(平成5年)が「環境の日」を定めています。環境省-環境の日及び環境月間

環境を守っていくこと、環境や未来の地球を守る活動を意欲的に高める活動を高めよう!
という想いから、全国各地で行事やイベントなど様々な活動が行われてます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

浜松サザンクロスほしの市さん(@southern.cross_hoshinoichi)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日は環境の日で入園料無料でした。新宿にこんなきれいなところがあるとは… #新宿御苑 #環境の日

Wakiさん(@wakichisyou)がシェアした投稿 –

テーマを知って
今からできるアクションを

国連環境計画(UNEP)では「世界環境デー・環境月間」にあわせて記念式典を開き、テーマを発表しています。

今年のテーマは
【大気汚染を減らそう】

「よごれた地球が過去のものになるように。」
というメッセージが込められています。

記念式典の開催国は中国です。

 

初回記念式典は
日本!?

ちなみに、日本は初めての記念式典主催国!
日本の提案を受けて、6月5日を「世界環境デー」と定めた経緯もあり、日本はこの日をリードする立場でもあるんです。

  • 2018年 インド 
    Beat Plastic Pollution 
    プラスチック汚染をなくそう
  • 2017年 カナダ 
    Connecting People to Nature 
    人と自然をつなぐ
  • 2016年 アンゴラ 
    Zero Tolerance for Illegal Wildlife Trade
    なくそう!野生生物の違法取引
  • 2015年 イタリア 
    Seven Billion Dreams. One Planet. Consume with Care.
    70億の夢。一つの地球。注意して消費を
  • 2014年 バルバドス 
    Raise Your Voice, Not the Sea Level
    海面を上げるのでなく、声を上げよう
  • 2013年 モンゴル  
    Think.Eat.Save. RudeuceYour Foodprint
    考えて食べ節約し、食料廃棄を減らそう
  • 2012年 ブラジル 
    Green Economy: Does it include you?
    グリーン・エコノミー:あなたもその一部ですか?
  • 2011年 インド   
    Forests: Nature at Your Service
    森林、それはみんなの自然
  • 2010年 ルワンダ  
    Many Species. One Planet. One Future.
    多くの生物種。一つの地球。一つの未来。
  • 2009年 メキシコ  
    Your Planet Needs You
    地球はあなたを必要としている
  • 2008年 ニュージーランド ウェリントン  
    CO2 Kick the Habit、Towards a Low Carbon Economy
    悪癖を絶ち、低炭素経済の実現を
  • 2007年 ノルウェー トロムソオスロ  
    Melting Ice : A Hot. Topic?
    溶ける氷-熱いテーマ?
  • 2006年 アルジェリア アルジェ  
    Don’t Desert Drylands!
    乾燥地を見捨てるな!
  • 2005年 アメリカ サンフランシスコ  
    Green Cities – Plan for the Planet!
    緑の都市:地球のための計画を!
  • 2004年 
    Wanted! Seas and Oceans: Dead or Alive?
    私たちの選択-海は死ぬのか、生きるのか?
  • 2003年 
    Water – Two Billion People are Dying for It! 
    水-20億人が水のために生命の危険にさらされている
  • 2002年 
    Give Earth a Chance 地球にチャンスを
  • 2001年 
    Connect with the World Wide Web of Life
  • 2000年 
    The Environment Millennium – Time to Act 
    環境世紀の幕開け-今こそが行動の時
  • 1999年 日本 東京 
    Our Earth-Our Future-Just Save it! 
    私たちの地球 私たちの未来 救うのは今!
  • 1974年 Only one Earth 
    かけがえのない地球
    wikipedia 環境の日

なかなか環境に目を向けることがない方でも、このようなわかりやすいキャッチコピーを見るとちょっと身近に感じるのではないでしょうか?

ちなみに私は、2013年の
「Think.Eat.Save. RudeuceYour Foodprint 考えて食べ節約し、食料廃棄を減らそう」
というテーマがわかりやすかったです。

なるほど、自分で選んだ食材をしっかり食べきることも環境を守るアクションなんだな〜と思いました。
これなら食いしん坊な私でもトライできそうです(笑)

あなたの一歩が未来の地球を変える!

普段「地球のことを考えよう」なんて難しいかもしれません。
しかし、確実に地球は悲鳴をあげています。

大きな活動はなかなか難しいかもしれませんが、
例えば
・エアコンを使いすぎないようにする
・エコバックを持ち歩く
・車ではなく自転車や公共機関を使用するようにする

など、身近なところから始めてみてはいかがでしょうか?

勿論、私と同じように“ちゃんと食べきる・使い切る”をテーマに置くのもいいかと思います。

「こんなことやってみたよ」
など #世界環境デー  #環境の日 などでSNS発信するのも一つのアクションですね。

是非 “できることから” 始めてみませんか?

 

関連記事一覧