不足しているかも?ダイエットを支えるミネラル【マグネシウム】

いこらぼ

ついに20度を超える日が続き、少しずつ薄手の服装になり始めるこの季節。

肌の露出も徐々に増える時期だからこそ

「今年こそ痩せるぞ〜!」

と、ダイエットを決意した方も多いのではないでしょうか?

しかし、必ずしも成功するわけではなく…永遠のテーマのように感じるダイエット。
なぜ悩みが尽きないのでしょうか?

“流行ダイエット”ではなく
太らない◯◯システム

あなたは、ダイエットをするとしたらどんな方法をとりますか??

今流行りのもので言えば糖質制限などがあります。
簡単で効果が出やすいと言われますが、単純に糖質を抜いて肉だけ食べて体重が減ったとしても、糖質を食べればまた元に戻ってしまうんです。

 

また、特に若い女性に多いのが食事を抜くタイプ。
お菓子は食べるけど食事は食べないといった極端なダイエットをしている人も少なくありません。

これでは単に体重が減ったとしても決して“美しくなった”訳ではなく、リバウンドも早いといった残念な結果に終わってしまう・・・なんて体験をした方も多いのでは?

 

健康的に痩せるための
太らない“代謝システム”

誰もが望むダイエットの理想と言えば、健康的に痩せた体をキープし、心身共に健やかになることですよね。
そんなダイエットを成功させるために見落としてはならないのは、私達の身体の“代謝システム”の仕組みです。

今回は、その “代謝システム” を正常化するために不可欠なのが、
ミネラルの一種である“マグネシウム”なんです。

ではマグネシウムはどんなミネラルなのでしょうか?

代謝システムを支える
マグネシウムの重要性

マグネシウムはミネラルの中でも最も重要な働きをしているといっても過言ではありません。

小さな不調から大きな疾患まで、心身のあらゆる不調はマグネシウムが欠乏していることがまず1つの要因であると考えられるほど、欠乏すると様々な症状を引き起こします。

“ミネラルの王様”
マグネシウム

マグネシウムは、“ミネラルの王様” とも言われており、特に“代謝”に関わる重要な役割を担っています。

代謝とは、ダイエットに関連するエネルギー代謝、そして古い細胞から新しい細胞へと入れ替わる新陳代謝を指します。

日本では昔からマグネシウムよりもカルシウムが重要視されてきました。

しかし、カルシウムはマグネシウムがないと正常に働くことが出来ないことをご存知でしょうか?

女性に多い骨祖しょう症も実はマグネシウム不足が原因であると考えられているんです。

また、私達の体を動かすためのエネルギーとして知られているのは主に糖質脂質などだと思います。
しかし、それらだけではエネルギーとしての働きを100%発揮することはできません。カロリー源をエネルギーとして代謝させるためにもマグネシウムが必ず必要になるんです。

 

不足しやすいマグネシウム

つまり、私達の体はエネルギーを作り出すために常にマグネシウムを消耗しているということです。

そのため、マグネシウムは老化と共に徐々に在庫不足となり、欠乏してしまうと代謝システムが正常に動かなくなってしまいます。その結果 “痩せない” “太りやすい” といったことが起こります。

また、ダイエットのために激しい運動をした場合、運動をすることによってエネルギーを多く生産する必要があります。そうすると、体内のマグネシウムはどんどん使われていきます。

では、消耗した分のマグネシウムを意識して補給していますでしょうか?


マグネシウムを補給する食事をしていなければ、運動をすることによって健康的に痩せたかのように見えたとしても、体の中ではマグネシウムを中心とした代謝に必要な必須栄養素が欠乏していってしまう可能性が高いということです。

 

ダイエットするなら
まずマグネシウム

さて、ここまで “ミネラル の王様” と呼ばれるマグネシウムの重要性についてお話しました。

ミネラルといえばカルシウムや鉄分などをよく取り上げられますが、実はマグネシウムがその働きのカギを握っているとは…
「知らなかった!」という方がとっても多いんです。

——— 続きは… ————-
・マグネシウムが不足してしまう理由

・マグネシウムをしっかり摂るとどんな暮らしを送れるのか

など、↓こちらの記事で具体的なお話をしていきたいと思います。
(画像をクリック!)

Writting

一般社団法人健康指導師会 副理事長
NPOがんコントロール協会理事
橋谷圭伊子

 

あなたのミネラルバランス大丈夫??

↓icoiの新サービス【いこらぼ】↓

一次予防に、未病対策に
今すぐ“ついで”に始められる健康チェック

↓【ミネラル】とは?専門家に聞きました↓

 

関連記事一覧