温活で注目!今話題の「重炭酸温浴法」とは?

icoiのおすすめ

ステイホームやリモートワークで
体を動かす機会がめっきり減った今日この頃。

気が付いたら、ストレスや疲労がたまっていた…
なんてことはありませんか?

「最近肩こりがひどい…」
「寝つきが悪くなった…」
「疲れが溜まっている…」

リフレッシュしたいけど
旅行や外出はまだ避けたい…

そんなお悩みの解消におすすめの
お家でできる気軽な温浴法「重炭酸温浴法」をご紹介します!

重炭酸温浴法とは?

世界各地にある「温泉」は、古くから病気やけがを治す手段として活用されてきました。

中でも、温泉療法の盛んなドイツや、古くから療養・保養に優れた温泉地として有名な「長湯温泉」で使用されている温泉が天然炭酸泉と呼ばれるものです。


炭酸泉は二酸化炭素が溶け込んだお湯のこと。
炭酸泉に浸かると身体が芯から温まり、冷えや肩こりの改善などの健康効果や美容効果が期待できます。

しかし実は炭酸泉がもたらす健康効果は、二酸化炭素をお湯に溶かした時に発生する「炭酸ガス」ではなく、炭酸ガスが変化した「重炭酸イオン」によるもの。

実際に大分やドイツにある自然炭酸泉を調べると、湯中に存在しているのは炭酸ガスではなく、ほとんどが「重炭酸イオン」だったそうです。

そしてこの天然炭酸泉と同じ効果を再現した入浴法が「重炭酸温浴法」です。
温浴効果を促進し体を芯から温め、溜まった疲れやコリを和らげます。

重炭酸温浴法のやり方

1.重炭酸イオンが溶けたお湯に
2.37~41℃のぬるめの温度で
3.ゆったり15分~30分

この「重炭酸温浴法」に欠かせない
重炭酸イオンを効率的に生み出すのが「薬用UPTaB」

ご自宅でいつでも気軽に、重炭酸温浴法を楽しむことができます。

一般的に炭酸ガスは数分で効果が消えてしまいますが、
UPTaBは炭酸ガスが湯中で炭酸イオンに変化し
長時間湯中にとどまり、24時間濃度が持続します。


この「重炭酸イオン」が、入浴した際の温浴効果と清浄効果を高めると考えられています。

UPTaBの効果効能

肩こり、腰痛、疲労回復、冷え症、神経痛、リウマチ、痔、産前産後の冷え症、打ち身、くじき、あせも、しもやけ、荒れ性、ひび、あかぎれ、にきび、湿疹

UPTaBのポイント

・有効成分が温浴効果を高め、血行を促進し冷えや肩こりなどの諸症状を緩和。
・24時間濃度が持続。追い焚きOKで経済的。
・無香料・無着色・塩素中和で、赤ちゃんやお肌の弱い方でも安心。
・重曹とクエン酸の洗浄効果で石鹸・シャンプーを使わなくてもスッキリ!

疲れやが蓄積している
冷えや肩こりで悩んでいる
効果を実感できる入浴剤が見つからない

そんなお悩みをお持ちの方は、
ぜひ一度UPTaBで重炭酸温浴を試してみてくださいね。

重炭酸温浴におすすめ「UPTaB」はこちら↓

関連記事一覧