夏に浴びた紫外線ダメージのケアに~鶏肉のカシューナッツ炒めのレシピ

フード

こんにちは、icoiです。

暑い夏もそろそろ顔を潜めて来る頃ですね。

皆様は、夏に浴びた紫外線ダメージのケアって、どのようにされていますか?

実は、紫外線ダメージのケアは、暑い夏から秋の乾燥のシーズンに移り変わるこの時期が非常に重要なんです。
この時期にしっかりとケアを実施するかどうかで、お肌や髪を永く健やかに保てるかが代わってきます。

外からの対策としては、保湿をしっかりする などがとても有効ですが、
「お肌や髪に良い栄養素を積極的に摂る」という内側からのケアもとっても大事。

今回と次回は、そんな「紫外線ダメージのケア」に有効なレシピをご紹介します。

是非、紫外線ダメージのケアにお役立てくださいね。

<紫外線ダメージケア食材>
・鶏肉
 ビタミンAやビタミンB群など、日焼け対策に効果的な数種類のビタミンが豊富に含まれています。
・カシューナッツ
 紫外線ダメージケアに有効な抗酸化作用があり、ビタミンCと一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。
・にんじん
 ビタミンAが多く含まれる食材。
 抗酸化作用、乾燥肌予防、免疫力を高めてくれる効果が期待でき、日焼け後の疲れた体には必要な栄養素です。
・ピーマン
 「日焼けしたらビタミンC!」といわれるくらい有名な栄養素ビタミンCを含む食材の一つです。
  抗酸化作用のほか、紫外線による活性酸素を抑える効果も期待できます。

鶏肉のカシューナッツ炒めのレシピ

 

調理時間 約20分

材料(4人分)

鶏もも肉 400g
長ねぎ 1/4本
しょうが 1片
ピーマン 2個
赤ピーマン 2個
にんじん 1/2本
カシューナッツ 120g
★しょうゆ 小さじ1
★酒 小さじ1
★片栗粉 小さじ1
★油 大さじ1/2
☆しょうゆ 小さじ2
☆オイスターソース 小さじ1
塩 分量少々
片栗粉 小さじ2

作り方

1.鶏もも肉は1.5cm角に切り、★印の調味料をもみ込む。
ピーマン、赤ピーマンは1.5cm角に切って混ぜ合わせておく。にんじんは1cm角に切って別の皿に取っておく。それぞれに軽く塩を振って、10分ほど置く。
しょうがはみじん切り、長ねぎは1cm幅の輪切りにする。

2.フライパンにサラダ油小さじ1(分量外)を熱し、カシューナッツを入れ、薄く色づくまで弱火で炒めて、皿に取り出す。

3.強火で十分に熱したフライパンに、サラダ油大さじ2(分量外)、しょうが、長ねぎを加え、すぐに鶏肉を加えて炒める。

4.鶏肉に少し火が通ったら、水気を切ったニンジンを加えて中火で炒める。

5.鶏肉に完全に火が通ったら、水気を切ったピーマンと赤ピーマンを加えて炒め、カシューナッツを戻し入れ、強火で手早く炒める。

6.☆印の調味料と塩で味を調え、水溶き片栗粉(小さじ2の水で溶く)を加えて軽く炒める。

今回使用した商品のご紹介

第3世界ショップ カシューナッツ(食塩不使用)

¥648

カシューナッツ(食塩不使用)/70g

 

関連記事一覧