熱中症とミネラルの関係

いこらぼ

梅雨も明け始め、湿気を残しつつ徐々に暑さが増してきましたね。
気温が上がっていく中で気になるのが【熱中症】!

実は熱中症は事前の準備が大切なのをご存知ですか?
夏本番を迎える前にしっかりと体の準備をし、夏バテや熱中症を予防しましょう。

今回は、暑い夏を元気に過ごすために知っておきたい熱中症予防とミネラルの働きをご紹介します。

<熱中症予防とミネラルの働き>
熱中症の仕組み >
熱中症予防にミネラルが不可欠! >
塩分補給だけではダメ! >
熱中症予防にオススメの食生活 >

熱中症の仕組み

そもそも熱中症とはどのような症状なのでしょうか。

熱中症の原因

熱中症とは、夏の暑さによって急激に体温が上昇したことで

・体内の水分や塩分バランスが崩れる

体温調節機能が働かなくなる

ことによって起こる症状です。

私たちの体は、気温が高ければ汗をかく事で熱を体の外へ逃がし、上がった体温を下げようとします。

しかし、猛暑による極端な気温の上昇によって大量に汗を掻くと、体内の水分や塩分は一気に失われてしまいます。

それによって体液のミネラルバランスが崩れ、熱中症の症状を引き起こすと考えられます。

主な症状

熱中症の主な症状は、軽いものから命に関わるほどの重い症状まであります。

<主な症状>
・痙攣
・めまい
・頭痛
・立ちくらみ

重症の場合は、命に関わることもある怖い病気です。

子供や高齢者は要注意!

特に乳幼児を中心とした子供たちや高齢者は、体温調節機能がうまく働かなくなる事があるため、注意が必要です。

熱中症予防にはミネラルが不可欠

流れ出る汗に含まれるミネラル

私達の体温を正常に保つためにはミネラルがとても重要な役割を果たしています。
しかし、暑い夏は大量の汗を掻くことによってミネラルは体の外へと流れ出てしまいます。

汗に含まれるミネラルの中には、ナトリウム(塩分)だけでなく、

・マグネシウム
・カリウム
・鉄
なども含まれています。

これらの必須ミネラルが欠乏することによって、体内の体温調節が上手くできなくなります。
その結果、熱中症を引き起こしたり、暑い夏に体が耐え切れず夏バテを引き起こす可能性が高いんです。

 

心臓のミネラル
マグネシウムとカリウム

マグネシウムとカリウムは心臓のミネラルとも言われております。
この二つが不足すると、心疾患を引き起こすリスクが増加する事が明らかとなっています。
食事からのマグネシウム摂取量多いグループで虚血性心疾患のリスクが低下したとの研究報告があります。
(平成29年に国立がん研究センターと国立循環器病研究センターが発表した研究)

またこの研究では、マグネシウムを食事から多く摂取する人は、カリウムやカルシウムなどの摂取量も多い傾向にあることも明らかに。

栄養は単独では働く事ができません。
栄養素がチームとなって上手に働く環境が整ったと考えられるのではないかと推測されます。

塩分補給だけではダメ

ポイントは【ナトカリ】バランス

熱中症予防に塩分摂取を促す声もありますが、実はナトリウム(塩分)を補給するだけでは体内のミネラルバランスを保つことは出来ません。

重要なのはナトリウムカリウムのバランスです。

少し専門的なお話になりますが、私達の身体は細胞の内側と外側でミネラル濃度のバランスを取っています。

私達の体でエネルギーを生み出すのは細胞の内側で、そこには多くのカリウムが必要です。

しかし、塩分ばかりを補給してしまうと、細胞内に多くのナトリウムが入り込み、カリウムとのバランスを崩してしまいます。カリウム補給も意識的にしてくださいね。

スイカの食べ方はベストバランス!?

夏になるとスイカに塩をかけて食べたことはありませんか?
あれは、カリウム豊富なスイカに塩分を加えることによって、ナトリウムとカリウムのバランスを取っていると言えます。

これも昔の人の知恵(?)なのでしょうか。
この食べ方は熱中症予防にも最適であると考えられるので、暑い夏にオススメですね。

しかし、普段の食生活の中で欠乏しているのはダントツでカリウムの方!
暑い夏はナトリウムの補給も必要になりますが、そうでない季節はカリウムに重点を置いた栄養摂取を心掛けてください。

熱中症予防にオススメの食生活

夏はミネラル不足になりがちな食生活

暑さによって食欲が低下し、冷たい素麵やうどん、ラーメンなどの炭水化物に加え、冷たいアイスクリームなどの甘いもの(糖分過多なもの)の摂取が増える時期。

エネルギー作りに必要な
マグネシウム・カリウム・ビタミンB群

沢山摂りがちな炭水化物などの糖質を、エネルギー源として活用するには、細胞内に取り込んでエネルギー作りをする仕組みになっています。

つまり、細胞内はエネルギー生産工場ということです。

その工場を正常動かすために必要なのが
・マグネシウム、
・カリウム

・ビタミンB群

です。

汗で多くのミネラルを失う上に糖質過多の食事によって更に消耗する。
そんな事になれば熱中症はおろか、心疾患を引き起こすリスクも高くなります。

麺類などの炭水化物を摂取する際は、下記の食品をプラス!
ミネラル+ビタミンも同時に摂取できるように心掛けてみてください。

マグネシウム

わかめ、ひじきなどの海藻類、大豆製品、アーモンド、カシューナッツ、玄米

>> オススメ商品 >>

カリウム

トマト、きゅうり、なすなどの夏野菜、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、バナナ、アボカド

ビタミンB群

豚肉、レバー、卵、カツオ、ささみ、さば

夏本番!
さっそく準備を始めよう!

ついに梅雨が明け、夏本番!

これからどんどん暑くなってまいりますので
夏本番を迎える前にしっかりと栄養補給をしておきましょう!

関連記事一覧